今年初の台風上陸しました。認知症のおじいちゃが少し心配

今年も台風が高知に上陸しました。前の日から、周りが台風の話ばかりだったので結構、大きいのかなと思ってました。でも、結果来てみれば台風さっきので終わりみたいな感じで無事に過ぎさってくれました。台風が上陸する前から、避難勧告準備のサイレンや携帯での緊急情報が頻繁になります。

仕事してると、避難勧告準備がなったとしてもかなりの嵐か作業が終わるまで帰れません。これぐらいで避難勧告準備出すのもおかしいと言う人もいました。私的に何かあれば役所が避難勧告出さなかったからと言われるし出しすぎても苦情を訴える住民もいるのでそういう意味では、役所さんの苦労も尽きないなぁと感じます。

避難勧告出す出さないの境は、結構難しくてギリギリの判断で出すより何事も起きなかったとしても出さないよりは、避難勧告準備からだして、住民にはその時の判断で行動してもらう。あまり、勧告準備出されすぎても『またかぁ』ぐらいに思われて危機感が薄れてしまうんですけどね。

あんまり、緊急情報が多過ぎた為おじいちゃんが1人家の方にいたので頑張って、早く仕事終わらせて帰ると少し雨が強く降ったぐらいで何事もなかったです。家が古いのでどこか壊れたり雨漏りもするかなぁと心配してたら、雨漏りもせずに安心しました。

一番は、おじいちゃが少し認知症なのと足腰丈夫なので台風の中外に出ていかれると怖いのが心配です。今回は、家の中でずっと寝ててくれたので外に出ていく事はなかったので良かったです。

パンダの赤ちゃんの成長!高速道路を使って上野動物園へ

保存